交通事故で後遺障害を負った場合の慰謝料について

交通事故に遭って一時的に身体に不調が出るのと、将来に亘ってずっと不調が続いていくのとでは、受ける損害の大きさは違ってきます。
ですから、後遺障害を負った場合には、ただのケガを負った場合よりも多くの慰謝料を受け取ることが可能になる場合が多いです。
具体的にどんな慰謝料が受け取れるかは、交通事故賠償金算定センターのサイトを覗いてみると分かります。
例えば、後遺障害の程度が重かった場合、被害者は介護者の助けなしでは暮らしていけなくなる場合があります。
その場合、病院から退院した後でかかる将来介護費を事故による損害と見なすことができると記載されているのです。
また、介護が必要とまではいかなくても、お仕事を事故前と同じようにこなすことが難しくなる程度の後遺障害を負ってしまう場合もあるでしょう。
その場合、事故前の年収に労働能力の喪失率と労働可能年数に対応したライプニッツ係数をかけて算出された額を、将来得られるはずだった利益を損なった慰謝料として受け取ることが可能になるのです。
ご自分では請求可能な慰謝料の額を上手く算出できずに困ってしまった場合は、交通事故賠償金算定センターのお問い合わせフォームから相談することが可能なので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。